空美からシム子へ

おんがくしつ
10 /17 2017
ジェラシー機長は嫉妬している。激しく。

 
近頃、空港に取材に行くたび、女性が増えたなと思う。展望デッキでATCを聴いていても、ランウェイ端でエンジン音を録っていても、熱心に機体にカメラを女性を見かけることが多い。空美ちゃんなどと言う呼び名も市民権を得た感があるし。
しかし「撮り」なんだな。ヒコーキの写真。わかりますよそりゃ。青い空に白く輝くボディ、多彩なマーキングのアクセント。画になるからね旅客機は。


我が社ともご縁のある航空写真家ルークオザワ先生も空見ちゃん達と盛り上がっておられる様ですし…。
女性のヒコーキファンが増えるのは大歓迎だが、残念ながらフライトシムファンではないのだ。ジェラシー機長は激しく嫉妬しているのである。ムキーッとハンカチを噛んで。
(言っておくが別にモテたいのではなく、ユーザーを増やしたいだけですから)


そんな女子達に「フライトシム、どやっ!?」と言いたいのである。


さて、これからフライトシムを始める方に最適なソフトがパイロットストーリー747リアルオペレーションDX。
シブいおじさま機長とイケメンの副操縦士君に挟まれて、コックピットという密室で…イイコトしてみませんか?ILSをキャプチャーしたり、FDをフォローしてみたり。操作を間違っても、イケメン副操縦士が「しょうがないお姫様だな」と代わりにやってくれる、フライトシム初体験の方も安心の親切仕様。コックピットとランウェイを絡めてスクショを撮ればインスタ映え間違いなし!

空美もいいけど、これからはシム子の時代ですよ~。

WTLF-0051_B1.jpg

詳細はコチラ→
https://www.airshop.co.jp/e-commex/cgi-bin/ex_disp_item_detail/id/WTLF-0051/


AirShopはこちら♪
皆様のお越しをお待ち申し上げます。
---------------------------
楽しいブログやショップがたくさん!
よろしければ『ぽちりんぐクリック』お願いします。m(_ _)m
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

説教は続くよ何処までも

おんがくしつ
07 /03 2017
ジェラシー機長です。

出張帰り、東京から京都への新幹線。僕は三人掛けの窓側に陣取った。A席である。夕方の東海道新幹線が品川の駅を発車すると、サラリーマン達がまるで祝砲をあげるかのように缶ビールを開ける音がそこかしこから聞こえてくる。車内は1日の仕事を終えた安堵感に満たされる。

しかし、僕の隣に座った背広の二人組は違った。見事に禿げ上がった頭の五十がらみの小男とメガネの色白な青年、まだ学校を出て間もない若さだ。当然前者が上司、とその部下であろう。
「まずな、君のお客様への姿勢からどうなんだ?」
通路側に腰かけた上司が言う。
「はい」
僕と上司に挟まれたメガネ君は恐縮の極み、今にも泣き出しそうに俯いて応える。

どうやら取引先との商談が不調に終わったようだ。ハゲは出張というコストと出すべき成果、ビジネスにおける効率といった様なみみっちい説教を続けている。喋り方もその内容も非常に粘度が高い。

A席の僕とC席のハゲでB席のメガネ君を挟む形なので、なんだか僕もハゲと結託してB席のメガネ君を苛めている様な気分さえしてくる。
メガネ君はボキャブラリーが少ないのか「はい」という返答しかできず、それがまたこの説教自体の効率を下げているため、いつ終わるか出口の見えない状況である。僕は京都に着くまでにメガネ君が何回「はい」と言うか数えてやろうと思ったが、小田原辺りで150回を超えたので馬鹿らしくなってやめた。

電車は走り、説教は続く。
説教は続くよ、何処までも。

可哀想なメガネ君。
しかしメガネ君、君はまだマシだ。2人が名古屋で降りるのか大阪まで帰るのか知らないが、最長2時間半我慢すれば解放される。東京-大阪間は大した距離じゃないし、700系新幹線はなかなか速いのだ。
それに比べて国際線のコックピットの事を考えてみろ。昔、取材で見せてもらった事があったが旅客機のコックピットってのは満足に足も伸ばせないとても狭い密室である。そこで過ごす上司機長と2人っきりのロサンゼルスまでの十数時間は、缶ビールとおつまみの匂い漂うレイドバックした夕方の東海道新幹線とは訳が違う。もう、罪人の処刑場だった頃の三条河原とイチャつくカップルのメッカである今の三条河原ぐらい違う。

オトナになって仕事をするという事はこういうことなのだ。それは地上も高度1万メートルでも変わりなく。頑張れメガネ君。
辛い時はコックピットのことを想って。

※注
弊社フライトシム製品にはソフトウェアの仕様上、長い説教及び粘度の高い上司は搭載しておりませんので、ご心配なくお楽しみいただけます。


フライトシム


AirShopはこちら♪
皆様のお越しをお待ち申し上げます。
---------------------------
楽しいブログやショップがたくさん!
よろしければ『ぽちりんぐクリック』お願いします。m(_ _)m
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

空飛ぶ、ホニャララ

おんがくしつ
06 /12 2017
ジェラシー機長です。

「空飛ぶホニャララ」という表現がある。1947年のアーノルド事件の空飛ぶ円盤に始まって以来、ペンギンやらタイヤやら広報室やら、この現代にも様々なものが空を飛び交っている。

一方、海行くホニャララなんて聞かないし、陸行くホニャララなんて、歩くの?当たり前じゃん、という世界であってわざわざ言うことはない。つまり、空を飛ぶという事は「レア」な訳である。空を飛んで当たり前なのは、空飛ぶ鳥と空飛ぶ飛行機だけである。だから空を飛ぶもののバリエーションは無数にあり、エンタメ作品のタイトルなどになりがちなのだ。森羅万象、空を飛ぶだけでネタになる。
「空飛ぶ浪人生」、「空飛ぶ句読点」、「空飛ぶ塩基配列」、「空飛ぶビヨンセ」とか。ほら、一定のワクワク感あるでしょう。

「空」は人類にとってまだまだ未開拓の分野なのだ。フライトシムで一緒に開拓しませんか?

フライトシム


AirShopはこちら♪
皆様のお越しをお待ち申し上げます。
---------------------------
楽しいブログやショップがたくさん!
よろしければ『ぽちりんぐクリック』お願いします。m(_ _)m
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ


カフカ

おんがくしつ
05 /29 2017
ジェラシー機長です。

「なりたい職業ランキング2017」なるものが、とある企業さんの調査によって発表されていた。対象は中学・高校生。
こういう職業に就きたい!という気持ちはとても大事である。努力する動機。しかし、オトナになって思うのは職業選択の自由というものがある程度機能している社会であれば、人はその人の持つ「傾向」に従って「なるようになってしまう」んだなということ。

さて、なりたい職業ランキング2017、中学生男子の1位はITエンジニア・プログラマー(24%)とのこと。僕は遊技機やゲームソフトの開発部で仕事をしてきたので「ITエンジニア・プログラマー」さん達と毎日関わってきた。

昔、遊技機のメーカーにいた頃とあるエンジニアさんが、
僕が自席に置いていた「海辺のカフカ(村上春樹)」の表紙を見てこう言った。

「君が読んでいるのは、ええと・・・海辺のかふりょく?ですか」

絶対音感の持ち主が雨の音ですら音階に聞こえてしまい苦しむ、なんて話も聞いたことがあるが、村上春樹でさえ何らかの物理作用と捉えようする、これが本当のITエンジニアなのだ!中学生諸君、覚悟はいいかっ!


AirShopからのお知らせです。
どの職業の方にもピッタリのクリアファイル!
お気に入りのファイルでデスク回りを整頓すれば、仕事のやる気もより一層出るはず☆

ファイル


AirShopはこちら♪
皆様のお越しをお待ち申し上げます。
---------------------------
楽しいブログやショップがたくさん!
よろしければ『ぽちりんぐクリック』お願いします。m(_ _)m
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ


試練の地

おんがくしつ
05 /22 2017
ギャップこそ魅力、と何度も言ってきたジェラシー機長ですが、
上手くいかない組み合わせもやっぱりある。

我が社テクノブレインは日本が世界に誇る「京都」にあり、そのブランド力に乗っからない手はない!
ハズなんですが、いかんせん「航空」と合わない。
どれぐらい合わないかって言ったら、セル○オと○後ぐらい合わない。
いや、あまりいい例えじゃないか。チューインガムとへしこぐらい合わない。と、しておく。
そもそも京都には空港もないし、(ぼく管の世界には京都空港ありますけどね!)
コラボ商品って言っても「滑走路八つ橋」(ダメだこりゃ)ぐらいしか思いつかないし。

でも、航空から遠い土地だからこそ己のヒコーキ愛が試される、
京都は航空マニアにとって試練の地ドスエッ!!

フライトシム


AirShopはこちら♪
皆様のお越しをお待ち申し上げます。
---------------------------
楽しいブログやショップがたくさん!
よろしければ『ぽちりんぐクリック』お願いします。m(_ _)m
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

AirShopスタッフ Blog

飛行機のこと、エアライングッズのこと、京都観光情報・・・などなど、
情報盛りだくさん!
AirShopスタッフが毎日を綴ります♪

販売サイトはコチラ→AirShop