さよならを言うために

おんがくしつ
05 /08 2017
ジェラシー機長です。

仕事柄、取材や素材集めのために空港に行くことが多い。ターミナルにいて、日が落ちる時刻になるといつも思い出す歌がある。

尾崎亜美の「さよならを言うために」。
空港を舞台にした別れの歌だ。女が別れを心に決めて、雨の中、車で空港に向かう。飛行機に乗ろうとする男にさよならを言うために。あなたと一緒に行くことはできない、と。

マイナーキーでゆったりとした16ビートが大人の哀しみを表現している美しい曲だが、当然、そこに飛行機に関するテクニカルな話は出てこない。
彼が乗り、彼女が一緒に乗れないその飛行機がB3かDHC8かはどうでもいいし、
離陸ランウェイはどっちかなんてことは関係がない。
SIDもSTARも問題ではない。

テクノブレインで仕事をしてもうはや10年、僕は変わってしまった。

今この歌を思い出して頭に浮かぶのは、
雨はどれぐらいの雨なんだろう、
ビジは悪いんだろうな。
風は大丈夫だろうか...。

若く、ナイーブでセンチメンタルな僕はもういない。
高度3万8千フィート上空でケロシンの燃焼と共に飛行機雲となって消滅した。
もう後戻りはできないのだ。


さて、AirShopからのお知らせです。
ナイーブでもセンチメンタルでもなくなった飛行機愛好家のジェラ機長愛用の単眼鏡!

双眼鏡


AirShopはこちら♪
皆様のお越しをお待ち申し上げます。
---------------------------
楽しいブログやショップがたくさん!
よろしければ『ぽちりんぐクリック』お願いします。m(_ _)m
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

AirShopスタッフ Blog

飛行機のこと、エアライングッズのこと、京都観光情報・・・などなど、
情報盛りだくさん!
AirShopスタッフが毎日を綴ります♪

販売サイトはコチラ→AirShop